ホ−ム
ユーザーの皆さまへ

ユーザーの皆さまへ

安全で快適なスノーモビルライフのための各種情報をご案内します。

ルールとマナー

スノーモビルは、自動車などの一般的な乗り物のように交通法規が適用されないことから、ルールやマナーはユーザーの皆さまに委ねられています。さらに、私たちにとって大切な自然、雪上という厳しい環境の中で使用することも踏まえると、一人一人が安全運転や自然環境に対するルールやマナーに高い意識を持って行動することが求められます。

このことからJSSAでは、インストラクターによる安全運転講習会などを実施し、スノーモビルユーザーに必要なルールやマナーの認知拡大に努めています。なお、以下で安全運転や自然環境に関する、基本的なルールやマナーについてご紹介していますので、ぜひ、ご確認ください。


守ってほしい10の約束

  1. JSSAが推奨する乗車年齢は16歳以上としています。乗車年齢を満たしている方でも、体格・技術に応じたサイズ、排気量のスノーモビルを選んでください。
  2. 取扱説明書とすべての重要ラベルを確認し、車両のコントロール方法や機能をすべて理解した上で運転してください。理解できない時は、販売店にお問い合わせください。
  3. 安全のため、自然環境保護のためにも、危険な場所や一般道、国立・国定公園などの走行禁止エリアには立ち入らないでください。→ 走行エリアの詳細はこちら
  4. 運転者・同乗者は、必ずヘルメットをかぶり、走行に適した装備・衣類を着用しましょう。また、不測の事態に備え携行品を準備しましょう。→ 装備と携行品の詳細はこちら
  5. 安全のため、スノーモビルの性能を十分に発揮させるためにも、運転する前には必ず点検を行いましょう。→ 乗車前点検の詳細はこちら
  6. 排気ガスには、一酸化炭素などの有害な成分が含まれています。屋内や窓・ドアから排気ガスが屋内に入り込んでしまう場所では、基本的にエンジンを始動しないでください。屋内で始動する時は、必ず窓やドアを開放してください。
  7. エンジンはパーキングブレーキをかけ、周囲の安全を確認してから始動してください。駐車は平坦な場所で行い、必ずパーキングブレーキをかけましょう。
  8. 燃料不足、事故、故障が発生した場合に助けが必要となるため、必ず他のスノーモビルと一緒に行動してください。また、夜間走行は控え、飲酒運転は行わないでください。
  9. アクセサリーの追加やパーツ交換は、ご利用メーカーの純正部品を使用してください。純正部品以外を使用して改造したり、純正装備品を取り外した場合は、安全に使用することができなくなり、故障や事故の原因になる恐れがあります。
  10. シーズン前や格納時は必ず定期点検を行いましょう。点検・整備には専門的な知識、技術、工具が必要となるため、必ず購入した販売店にて行ってください。

※上記は一例です。取扱・走行時の詳細な注意点は、各製品の説明書をご覧いただきますようお願いします。

JSSA ユーザーマニュアル

JSSAが開催する安全運転講習会などで受講者に配布するテキストです。

JSSAホームページで紹介している情報に加え、スノーモビルに関する知識や技能についても掲載しています。シーズン前後や、お困りの際にもお役立てください。


※ダウンロードデータはPDFとなります。

走行エリア

スノーモビルをご利用の皆さまに知っておいてほしい、基本的なルールやマナーをご紹介しています。

装備と携行品

スノーモビルに乗車する際は必ず、運転者・同乗者ともに優れた装備の着用を推奨しています。

乗車前点検

事故・故障を防ぐため乗車前には点検を!